自己破産2回目の際の注意点※事前に知っておきたい自己破産事情

自己破産2回目の際の注意点※事前に知っておきたい自己破産事情

自己破産2回目の際の注意点※事前に知っておきたい自己破産事情

自己破産は二回目以降もできますが、一回目と異なり注意しなければならない点もあります。
まず、前回の自己破産で免責が決定してから7年以内に債務の返済不能に陥り、手続きを行っても免責は認められず、7年以上は間を空けなければなりません。ただし、返済不能になった原因によっては稀に7年未満でも認められることがあります。これは例外的なものであるため、あまり期待しない方が良いです。
また、自己破産には免責不許可事由というものがあり、これに該当すると免責が認められない場合があります。これには債務の原因がギャンブルや行楽による浪費である、返済できなくなるだけの借り入れがあるのにそれを隠して借り入れを行う、収入を偽って返済能力があるように見せかけて高額の借り入れを行うなど、様々なものがあります。
この免責不許可事由とは、当てはまった場合に必ず免責されなくなるというものではありません。一回目であれば生活態度に改善の余地があるなどの理由で免責が認められることが多いです。ここで、免責不許可事由に該当していても免責されたから二回目の自己破産でもこれに当てはまっていても問題ないと考えると危険です。
二回目の自己破産では、繰り返し返済不能になっているため、免責可否の判断が厳しくなっています。ここで再び免責不許可事由に当てはまっていると、前回から反省が見られないと考えられるため、免責されなくなる危険性があります。
そのため、一度自己破産したら浪費などをしないように注意します。