自己破産の条件とは【自己破産する前に知っておくべき正しい知識】

自己破産の条件とは【自己破産する前に知っておくべき正しい知識】

自己破産の条件とは【自己破産する前に知っておくべき正しい知識】

自己破産の条件は返済が不能の状態に陥っていることです。
ここで見極めたいのは返済が不能と困難な状態では違うということです。
返済が困難であっても自分名義の住宅や不動産があれば、それを処分して充てることができるため返済不能とは言えません。
また、自己破産は破産宣告を受けても免責とならなければ成立しないので免責不許可の事由にあたる借金も条件には当てはまりません。
自己破産は借金の返済に困っている方すべてに当てはまるものではなく、条件も厳しいのです。
ギャンブルや浪費・多大な投資も免責とならない場合があります。
また、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金性の高い商品でつくった借金も認められないことがあります。
収入が少なくても、自己破産以外の債務整理で借金を減額、返済を軽くできるのであれば、これも自己破産の条件から外れます。
言わば、債務整理の最終的な手段でもあるのが自己破産です。
具体的な例でみると、任意整理・特定調停・民事再生は3年を目安に弁済します。
現在の債務の額をこの3年の月数で割ると、おおよその月の返済額がみえてきます。
これを収入から差し引き、残りで家賃や食費・光熱費で賄えるのか、詰めることができると判断されれば裁判所も免責は下さないでしょう。
収入を含めて支払いに充てるお金が工面できない、延滞が長期に陥っているなど高い条件をクリアしなければならないのも自己破産です。
返済が困難な状態であっても、弁済不能の状態であるかどうかが一つのラインになるのです。