自己破産にはデメリットがあります~自己破産する前によく考えよう~

自己破産にはデメリットがあります~自己破産する前によく考えよう~

自己破産にはデメリットがあります~自己破産する前によく考えよう~

自己破産のメリットについては多くの方がすでにご存じでしょう。借金がなくなって新しい生活を送れるということを考えれば、このメリットは非常に大きいです。しかし、様々なデメリットがありますから、それを理解しておくことは必要です。自己破産した後になって、こんなはずじゃなかったと思うこともあるでしょうから、注意が必要です。特に注意しておきたいのが連帯保証人です。

ローンを組む時には保証人を求められることがあります。金融機関が求める保証人は、たいていは連帯保証人となっています。連帯保証人は、借り入れをした人と同じだけの返済義務を負います。借り入れをした人が約束通りに返済をしていれば問題はないのですが、そうではなくなったときには連帯保証人に請求が来ることもあります。簡単に言えば人の借金を抱えてしまうことになるのです。

住宅ローンを組む時には連帯保証人を付けることが多いです。夫が名義人になって妻が連帯保証人になるといった場合、夫が返済できなくなれば妻に請求がいきます。これは離婚していてもこの状態が続きますから、離婚したのちに夫が自己破産しても、妻が請求されるというデメリットがあります。

奨学金を借りるときにも連帯保証人を付けるケースが多いです。この場合、借りた本人が自己破産をすれば、連帯保証人が返済をしなければならないというデメリットがあります。親や親せきが連帯保証人になるケースが多いですから、あらかじめ相談しておきましょう。